偏愛マップの向こう側

好きなことを、好きなときに、好きなだけ。

おすすめ海外ドラマ「トゥルー・ディテクティブ」

f:id:rossoporco:20201217230021j:plain

 

メインで使ってるアカウントのほうは、スピリチュアル的な閃きとか気づきのアウトプットをテーマにしてるので、それ以外のことはこのブログで書いていこうと思って、サブアカウントをつくってみました。

 

こちらのブログはまだ作成中なので体裁が整っていないんですが、とりあえず「今週のお題」について書いてみたいと思います!

 

今週のお題「もう一度見たいドラマ」

 

僕はもともと、小説とか映画とかドラマは大好きなんですが、どういうわけか、この1年間は小説も映画もドラマも、全く見なかったんですよね…。

 

なぜかな?って自分で考えてみたんですが、おそらく、そういう創作物に接することで自分の感情が激しくアップダウンしてしまうことを避けていたんだろうと思います。

僕にとって今年はそういう年だったんでしょうねー。

 

それはまあ、それとして。

もう一度見たいドラマは、ちょうど去年のこの時期にめちゃくちゃハマっていた海外ドラマ「TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ」。

 

僕はサスペンス系の映画が好きなんですが、このドラマは尺の長~い映画を見てるような感じでした。

内容的にグロテスクな表現とかエロティックなシーンもあるから好みは分かれると思うけど、そういうのが苦手じゃない方は、かなり楽しめると思います。

 

主人公の2人の刑事がひとクセもふたクセもあって実に人間臭いし、描写がとってもリアルなので、見始めるとあっという間に引き込まれてしまいます。

僕は以前、カナダのド田舎にホームステイしていたことがあるんだけど、「そうそう!北米の田舎町ってこんな感じ!」っていうシーンが多くて懐かしかったですね。

 

とにかく、主人公の一人であるマシュー・マコノヒーの、知的だけど陰鬱で退廃的な雰囲気がたまらなくイイです。

 

ストーリーがとっても丁寧につくられていて、下手なサスペンス映画よりも断然奥深くて、濃厚。

コーヒーで例えるなら、カプチーノをマグカップで飲まされているような感じですかね。(笑)

 

ネタバレしちゃうから詳しくは書かないけれど、「羊たちの沈黙」とか「セブン」みたいな映画が好きな人には絶対おすすめのドラマです。

Amazonプライム会員なら無料で見れると思うので、ぜひ一度ご賞味ください。

 

あ! ちなみに僕がおススメしてるのはシーズン1です。

シーズン2以降は全く別のドラマですのでご注意を~。

 

そっか。そういう意味では、海外ドラマのデメリットって、シーズン1が終わっても、シーズン2、シーズン3、シーズン4・・・って永遠に続いていくのが腹立つんですけど、このトゥルー・ディテクティブはシーズン1で完結なので、その点いいですよ。^^